脱毛全般

◆5.脱毛について
近年美容系の医療技術の進歩によって、気になる肌の産毛や毛を抜くという医療脱毛技術や脱毛機器の進歩や開発によって、容易に肌のケアができるようになりました。医療脱毛やエステサロン脱毛等様々な脱毛によるケアについても人気が高くなり、手軽な費用で脱毛ケアができるようになり、利用者が増加してきています。そんな脱毛について、どのような脱毛方法や手入れの仕方、脱毛機器、クリニック等脱毛に関する様々な情報を皆様にお届けしようと思います。

 

@脱毛方法と手入れ
それでは、まず脱毛方法には、どんな方法があり、どんなお手入れの仕方があるのかを見ていきましょう。脱毛方法は、大きく分けて、「光脱毛」「レーザー脱毛」「ニードル脱毛」の3種類に分類されます。

 

<脱毛方法とは>
1.光脱毛
・SSC脱毛について
・IPL脱毛について

 

2.レーザー脱毛
3.ニードル脱毛(電気脱毛)

 

があります。それでは、それぞれの脱毛方法の特徴を見ていきましょう。

 

1.【光脱毛】
光脱毛には、大きく2つの脱毛方法に分類され、「SSC脱毛」と「IPL脱毛」の2種類に分類されます。

 

<光脱毛の特徴とは>
光脱毛の特徴は、脱毛サロンや総合エステにおいて現在最も主流になっている脱毛方法になります。この脱毛方法は、カメラのストロボのような光をあてて、毛乳頭や毛母細胞にダメージを与えていく毛をはやすための元となる細胞死滅させて生えなくさせる脱毛法です。

 

<光脱毛のメリットとは>
・レーザー脱毛と比較しても光が弱い
・痛みがほとんどない
・施術時間が短時間で済む
・医療脱毛より料金が安い
・広範囲の脱毛が可能

 

<光脱毛のデメリットとは>
・ほくろ周辺部の脱毛は不可
・施術者の腕による効果の変動
・うぶ毛や色の薄い毛、日焼けした肌では脱毛できないことがある
・医療脱毛より効果が薄い

 

こうした特徴があります。

 

・SSC脱毛とは
SSCとは、スムーススキンコントロールの略で、光脱毛の一種になります。イタリアで研究開発されたスムーススキンコントロールメソッドという理論に基づいた脱毛法であり、独自開発された美白成分や抑毛成分が含まれたビーンズジェルの上からクリプトンライトという光をあてて、光とジェルの相乗効果で、美肌効果を与えながら刺激のない美白制毛が可能です。うぶ毛から剛毛まで対応ができ、施術は、2〜3か月に1度行います。全身18回等のコースで、目安20万前後の費用がかかります。施術時間は全身で約1〜3時間程度で完了します。

 

・IPL脱毛とは
インテンスバルスライトの略で、光脱毛の一種です。この脱毛法では、特殊な光を使用します。皮膚の黒いメラニン色素に光を反応させていきます。痛みがほとんどなく、照射範囲が広いので広範囲のムダ毛処理を短時間でとることができます。様々な部位の毛の太さが異なるムダ毛に柔軟に対応できるので、全身脱毛に適した脱毛法です。

 

こちらも、うぶ毛から剛毛まで対応可能で、施術に関しても2〜3か月に1度行われます。費用も全身6回コースで10万前後と安い金額で治療を行うことができるのも魅力です。

 

2.【レーザー脱毛】
レーザー脱毛は、一般で言われる「医療脱毛」のことを指します。レーザー脱毛は、皮膚の表面の毛乳頭部分ににメラニン色素に反応させ、レーザー光を照射することで、熱によって毛母細胞、毛乳頭を破壊して永久脱毛する方法です。

 

<レーザー脱毛のメリット>
・効果が現れやすい
・通院回数が少ない
・広範囲の脱毛が可能

 

<レーザー脱毛のデメリット>
・強い痛みが伴う
・レーザー熱で火傷を伴う可能性がある
・黒色色素に反応するため、白髪やうぶ毛にはあまり効果がない

 

レーザー脱毛は医療行為なので、脱毛サロンやエステでは施術できず、皮膚科や美容外科のみでの施術となります。毛根を焼き切るので脱毛効果が高いのですが、痛みが伴うので信用できるクリニックなどを選ぶことが大切です。

 

3.【ニードル脱毛】
ニードル脱毛は、電気脱毛とも呼ばれます。毛穴1つ1つに絶縁処理した特殊な細い針を刺して、針に微弱の電気を流して毛乳頭を電気破壊する方法です。針を1つ1つ差し込むことでかなり時間が必要で、かなりの痛みを伴います。昔は、ニードル脱毛が主流でしたが、完璧な永久脱毛に近い脱毛効果はあるものの、脱毛が完了するまでには時間を要したり、費用の高騰、又強い痛みが伴うため、近年ではあまり利用されない脱毛方法になります。

 

<ニードル脱毛のメリット>
・毛の再生率が低い
・色素沈着部位でも脱毛可能

 

<ニードル脱毛のデメリット>
・強い痛みを伴う
・広範囲な脱毛に不向き
・火傷や色素沈着の危険性がある
・費用の高騰

 

A脱毛の副作用

 

脱毛は、光照射やレーザー、電気を通すため、少なくとも毛根周辺部へ熱源のダメージが加わるため、肌に負担がかかります。
そのため、副作用を起こってしますことも考えられます。こうした脱毛によってどんな副作用が発生するのか解説していきましょう。
脱毛の副作用には、7つの副作用が挙げられます。それでは、脱毛の副作用について詳しくみていきましょう。

 

<脱毛による副作用とは>
・皮膚の炎症
・火傷
・硬毛化
・毛嚢炎
・打ち漏れ
・埋もれ毛
・発汗量増加

 

1.【皮膚の炎症】
皮膚の炎症は、脱毛後の数時間から翌日にかけては、肌に赤みやヒリヒリ感が出ることがあります。
これはレーザーやフラッシュなどの光線を肌に照射する以上避けられないリスクであり、症状は正常な反応として捉えることができます。
レーザー脱毛の場合は、毛根のメラニンに反応して生じた熱によって毛根組織を破壊し、脱毛効果を得ています。
施術後は毛穴全体が熱を帯びて「軽いやけどをした状態」がしばらく続くため、そのダメージが表皮に赤み・かゆみ・むくみ(炎症性浮腫)という症状として現れるのです。
肌荒れをしていると光や熱のダメージを受けやすいため、普段から保湿ケアやUVケアをしっかり行い、表皮を健やかに保ちます。
クリニックから支給される保湿剤を塗り、赤みやかゆみが続くようなら処方された消炎剤や軟膏などをつけて炎症を抑えます。

 

2.【火傷】
火傷は、脱毛後、3日以上経過しても赤みや炎症がおさまらなかったり、黒ずみなどの色素沈着がみられたりする場合は、軽度のやけどが疑われます。
やけどが起きてしまう要因は主に3つ挙げられます。

 

<火傷の原因>
・クリニックや脱毛サロンに置いてある脱毛機器の問題
・脱毛する前に肌を日焼けしてしまった場合
・施術者の技術レベルが低いために照射パワーを間違え

 

等が挙げられます。
これらの要素が重なるとやけどが起きやすくなりますが、実際は、クリニックの脱毛でやけどが起きることは稀です。
また、肌色が濃い人や、肌が乾燥してコンディションが悪いときも、やけどリスクが高まる傾向があるので注意が必要です。
脱毛中の日焼けは厳禁です。
必ずUVケアや日焼け対策を行います。
また、脱毛技術の高いクリニックを選ぶこともやけどを予防する大事なポイントです。
やけどが疑われたらすぐにクリニックに連絡して適切な処置を受けましょう。
レーザー脱毛で起きたやけどの診察・治療は無料で対応してもらえることがほとんどです。

 

3.【硬毛化】
硬毛化は、顔や背中などの産毛や細い毛が、レーザーやフラッシュの刺激によって濃くなってしまう現象です。
原因の一つに、毛根に中途半端な刺激を与えてしまうことがあると考えられています。
フラッシュの光刺激はレーザーよりも弱く、そのため肌に優しいと言われることがありますが、フラッシュの光では脱毛効果が低いために、抜けなかった毛根が活性化して、硬毛化を招きやすいと言えます。
レーザー脱毛では、脱毛する場所や毛質に合わせて使用するレーザーの種類を使い分けて予防可能です。
硬毛化した太い毛は、YAG レーザーを使用すれば早く対処できます。
一般的なダイオードレーザーだけで対処すると、脱毛期間が長期化してしまいます。

 

 

4.【毛嚢炎】
脱毛後の肌に、ニキビ状のブツブツができることがあります。これを「毛嚢炎」と言います。
毛嚢炎は脱毛の刺激で肌のバリア機能が下がったり毛穴が傷ついたりしたときに、ブドウ球菌などの雑菌が感染して起こります。比較的起こりやすい肌トラブルなので、単なるポツポツは普段のお手入れをきちんとすれば問題なく、赤みや痛みが出てきたときは塗り薬などで対処します。
肌を清潔にして表皮を健やかに保つこと、ムダ毛の自己処理などで肌を傷めないことで予防します。
ブツブツは無理に潰さないことと、塗り薬を自分で選ばないことが大切です。
痛みや痒みがあれば早めにクリニックを受診し、適切な薬を処方してもらいましょう。

 

 

5.【打ち漏れ】
脱毛は人の手で行われるため、脱毛機械の照射口を肌に当てるときの角度や、照射間隔の判断などが適切でない場合は、打ち漏れが発生してしまうことがあります。
これは施術者の技術的なミスと考えられますが、トレーニングを重ねていた場合であっても、人が行う限りは稀に起こると想定されます。
とくに、凹凸がある部位や照射範囲が狭い場所(顔、脇、VIOなど)は、打ちもれが発生しやすい傾向があります。
レーザー脱毛で打ち漏れが疑われるケースは、照射から2週間経っても毛が抜け始めないときです。
照射が成功していれば、通常は照射後2〜3週間で、黒い毛がポロポロと抜け落ちてきます。
シェーバーなどで剃毛しないように、該当箇所をそのままキープし、照射後2〜3週間以内にクリニックに申し出てください。
照射失敗と判定された場合、レーザーが3種類揃っているクリニックであればすぐに再照射の手配をしてくれます。

 

6.【埋もれ毛】
レーザー脱毛をすると、稀に埋没毛が起きることがありますが、原因は体質や肌の状態とも関連がある複合的なものと考えられています。
埋没毛はやがて、細胞が異物を取り込む貪食作用によって徐々に無くなっていくため、レーザー脱毛は続けて問題ありません。
また、カミソリや毛抜きでムダ毛処理をして肌を傷つけると、皮膚が防御反応を起こして毛穴をふさいでしまうことがあります。
その場合、毛根は健在なため皮下で毛が成長し、目立つ埋もれ毛となる場合があります。
いつも肌を清潔にして、保湿ケアなどをしっかり行い表皮を健やかに柔らかく保つこと、ムダ毛の自己処理などで肌を傷めないことです。
一部サロンでスクラブマッサージを推奨しているところがありますが、スクラブ剤や摩擦はかえって肌を傷めてしまいます。
それよりも保湿に重点をおきながら、自然の貪食作用を待つという対応をするのがベターです。

 

7.【発汗量増加】
通常はレーザー脱毛をすると汗の量も臭いも軽減する効果があります。
そのため汗の量が増えたというのは誤解であることが多く、その背景には、レーザー脱毛で毛が無くなったために汗が皮膚をつたわるようになり、汗を感じやすくなったという事例もあります。
もともとの体質によるものや多汗症の可能性も考えられますが、手軽な治療法として制汗ボトックス注射があります。

 

このように、レーザー脱毛やフラッシュ脱毛等脱喪処理は毛根のメラニンに反応させてダメージを与えるという治療なため、肌トラブルや副作用のリ危険性が必ず潜んでいます。
そのため、クリニックや脱毛サロン等も店舗自体もこうしたリスクアセスメントを共有し、情報提供をしてもらうことも大切です。
又実際に副作用が起きた場合においても、速やかに治療できる体制が確立されていれば問題ないのですが、実際脱毛サロンでは、医療行為が禁止されているため、永久脱毛はもちろん、肌トラブルを診察や治療することもできません。
脱毛による副作用に対処できるのはクリニックだけです。
肌トラブルに対する保証制度や、脱毛が長期間受けられる保証があるクリニックや医療機関であれば、安心して治療を受けることができるでしょう。

 

まずは、こうした副作用のリスクをしっかり把握した上で、脱毛を行うようにしましょう。
安全に脱毛したいのであれば、等副作用がおきてもすぐに正しい処置やアドバイスを受けることができる、クリニックや医療機関等を選んで脱毛することをオススメ致します。

 

B脱毛器
脱毛はしたいけど、脱毛クリニックや脱毛エステサロンに行くのはコストがかかるため、自宅でケアしたいという方も多いのではないでしょうか?
そんな方のために開発されたのが、「家庭用の脱毛器」です。
近年様々な種類の脱毛器が開発される中で、どの脱毛器の性能が良くて効果を得られるのかは使用してみなくては、わからないものです。
そこで、現在注目を集めている脱毛機器の紹介とその性能等をお伝えしていきましょう。
オススメの家庭用脱毛器には、大きく4つに分類されます。

 

<家庭用脱毛器の種類とは>
・レーザー式家庭用脱毛器
・フラッシュ式家庭用脱毛器
・熱線式家庭用脱毛器
・超音波脱毛器

 

それでは、この4つの家庭用脱毛器について、自分の肌質やライフスタイル、コストに合ったものを確認して選ぶことが大切です。
ここでは、それぞれの脱毛器の特徴や注意点についてご紹介していきます。

 

1.レーザー式家庭用脱毛器
レーザー脱毛は、黒色のメラニン色素に反応するレーザー照射により、毛根やその周辺組織を熱破壊させて脱毛する方法です。その出力(照射パワー)の高さから永久脱毛が可能と考えられており、医療行為として扱われています。
しかし、家庭用ではドクター以外でも扱えるよう出力を下げて販売されているため、クリニックほどの効果は見込めません。
また、照射回数を増やさないといけないなど手間がかかる場合もあります。

 

2.フラッシュ式家庭用脱毛器
フラッシュ脱毛は、レーザー脱毛と同じ原理で光照射によって脱毛を促す方法です。
光脱毛とも呼ばれており、複数の波長で広範囲に照射するのが特徴です。出力が低いため痛みは少ないですが、その分レーザー脱毛より効果は劣り、毛が薄くなるまでに時間がかかります。

 

3.熱線式家庭用脱毛器
熱線式(サーミコン式)は、ここ最近開発されたばかりの脱毛器で、熱線に触れた毛を焼き切る方法で脱毛します。
毛根にもその熱が伝わるため、毛が生え変わる周期が長くなるといわれています。
しかし、直接毛根にアプローチするわけではないため、脱毛器というよりは除毛器という認識で使用するほうがいいでしょう。

 

4.超音波脱毛器
超音波脱毛器は、ピンセットのようになった器具の先に毛を挟み、超音波を流すことによる振動で毛根に刺激を与えて脱毛する機械です。
熱処理をしない分、肌への刺激や痛みが少ないのが特徴です。
ただし、長い毛だと超音波が毛根に届かない場合があります。5mm程度の長さで行うと効果的です。

 

 

C脱毛器の選定方法とは

 

<家庭用脱毛器を選ぶポイントとは>
家庭用脱毛器を選ぶ際、コスパや機能性、使いやすさや1回当たりの脱毛時間なども気になる点ですが、やっぱり一番気になる点は、効果と安全性だと思います。
そこでまず家庭用で使用するのであれば、下記2つが挙げられます。

 

・レーザー脱毛器
・フラッシュ脱毛器

 

医療クリニックで使用されるレーザー脱毛器は、主として永久脱毛が目的で使用されます。
レーザー脱毛器は、フラッシュ脱毛より効果が表れるのも早く、持続効果が長いという特徴があります。
その分、フラッシュ脱毛より痛みを伴う点に関しては、しっかり把握しておきましょう。
レーザー脱毛をオススメする人は、下記のような方が挙げられます。

 

・若干毛深い女性もしくは男性
・脱毛したい部分がなぜか剛毛
・ヒゲを脱毛したい男性
・効果を早く実感したい
・脱毛サロンでは効果が出なかった
・出来れば二度と生えてこないようにしたい

 

このような方は、レーザー脱毛器を使用することをおススメします。

 

 

ちなみにフラッシュ脱毛器はたくさん種類がありますが、レーザー脱毛器は今のところトリアしか販売されていないので、レーザー脱毛器の方が良いと思えばトリア一択になります。
トリアは私も使っていますが、脱毛効果は本当に高いのでおすすめの脱毛器です。

 

 

Dオススメ脱毛器TOP3
それでは、実際に商品化されている家庭用の脱毛器には、どんなオススメ商品があるのかみていきましょう。

 

<オススメ脱毛器TOP3>
・ケノン
・トリア4X
・レイボーテエクストラ

 

1.ケノン
ケノンは、数ある家庭用脱毛器の中でも人気No.1商品で、男女問わず多くの方が利用しています。
脱毛サロンで使われている物とほぼ変わらないパワーがあるので、その脱毛効果も絶大です。
多少毛が濃いめの女性や男性でも十分に効果を実感することが出来るでしょう。
又痛みも最小限に抑えてあり、顔に使用してもほぼ痛みは感じません。
特にケノンは、本体の寿命が長く、カートリッジの寿命も長いので、照射費用を1回分で0.0185円とコストパフォーマンスも非常に良い商品です。
カートリッジを付け替えれば美顔器として使用も可能で、他の脱毛器にはない眉毛用の脱毛器も付いているので眉毛の脱毛も可能で、とても利用価値の高い家庭用脱毛器と言えます。

 

2.トリア4X
トリア4Xの特徴は、レーザー脱毛器なので、パワーと脱毛効果は、他の脱毛器とは比べ物にならないほど高い効果が得られます。その分、フラッシュ脱毛器より痛みは伴いますが、その痛みも気にならなくなるほどの効果を実感出来ますし、効果が出るのが早い分、照射するごとに痛みが減っていくのも早いのも魅力です。
相当毛深い女性や男性のヒゲなどはフラッシュ脱毛で脱毛するには根気が要りますが、トリアならそれもあっという間につるつるにすることも可能。
ちなみに家庭用脱毛器でレーザー脱毛を採用出来ているのは今のところトリアだけで、医療用の永久脱毛とほぼ変わらない効果を得られるのもトリアだけです。トリアはサポートにも力を入れていて、保証期間も2年と長く、効果に満足が出来なければ、開封済み・使用済みでも30日以内であれば全額返金が可能。
効果が出るのも早く、効果の持続性も、フラッシュ脱毛とは比較にならないほど長いので、剛毛を本気で綺麗に脱毛したい場合はおすすめの脱毛器です。

 

3.レイボーテエクストラ
手間いらずで使いやすさ抜群の脱毛器!レイボーテエクストラは1回の脱毛にかかる時間が短く、さらに冷却機能も付いているので保冷剤いらずの手間いらずの商品です。
本体もコンパクトで持ち運びしやすく、アタッチメントの付け替えも可能なので、部位ごとに効率的な照射が可能です。
こちらもケノン同様フラッシュ脱毛器なので痛みも少なく、ケノンには及ばないものの、家庭用脱毛器の中では照射範囲も広め、美顔器としての使用も可能です。カートリッジが不要なので、消耗品を追加購入する必要もありません。
本体サイズがコンパクトな分、ケノンより若干パワーは劣りますが、それでも女性が脱毛する分には十分な効果を得ることが出来ます。
VIOラインの脱毛もしやすく、全体的に使いやすい作りになっているので、忙しくて少しでも脱毛にかける時間を少なくしたい女性におすすめの脱毛器。

 

E脱毛サロン
続いて、おすすめ脱毛サロンや美容クリニックについてご紹介していきましょう。

 

<おすすめ脱毛サロン>
1.ミュゼプラチナム
2.リゼクリニック
3.湘南美容外科クリニック

 

1.ミュゼプラチナム
ミュゼプラチナムは、全国に180店舗以上のサロンを展開する脱毛サロンです。アプリからの簡単予約システムや、予約日が近づいてきたことを教えてくれるアラートサービスなど通い続けやすさも魅力的です。
主にレーザー脱毛が行われ太い毛の方や黒い毛でも対応可能です。
施術は、2〜3か月に1度、全身6回コースで、費用が35万からになります。
施術時間は、全身で約1〜3時間程の短時間の施術で完了します。
黒色または茶色に吸収されるレーザーを、毛根に照射していきます。
医療機関での施術となるので、希望によって麻酔を行ってくれます。

 

2.リゼクリニック
リゼクリニックは、女性専用のクリニックです。
レーザー照射が漏れる場合のうち漏れや肌トラブル等万が一の場合に備えた保証が付いているので、安心して治療を受けることができます。

 

3.湘南美容外科クリニック
医療脱毛の中でも人気の高いオススメのクリニックです。
全国に40店舗以上の医院をかまえている美容クリニックで、無料カウンセリングも医師が診察してくれるので、施術の相談などをしやすい環境が整っています。

 

 

F医療脱毛
同じ脱毛と言っても、医療機関の医療脱毛とエステサロンで行われている光脱毛の違いは、大きく異なります。
医療脱毛は、時短×節約できる脱毛法です。エステサロンでは一時的な脱毛しかできません。

 

医療脱毛とエステサロンでの脱毛には、

 

<医療脱毛では>
・施術回数が5回程と少ない
・照射パワーが強い
・短時間で脱毛が可能
・有資格者が施術
・医師の診察
・肌トラブルに対しても迅速に対応

 

<エステ脱毛について>
・施術回数が18回以上と多い
・照射パワーが弱い
・長期間通う必要性がある
・資格が無くても施術が可能
・店舗では対応出来ない

 

医療機関の医療脱毛とエステサロンで行われているIPL脱毛やプラズマ脱毛などの光脱毛の違いは、使用する脱毛機器が違うことが1番のポイントであると言えます。
医療機関には医師が常勤しているため、万が一施術中に何らかのトラブルが発生しても適切な処置が行えるため、強力なレーザー機器を使うことが国から許可されております。
そのため、使用する脱毛機は強力で当然脱毛の効果も高いものを使用することができます。
対してエステサロンでは、強力な機器を使用することが出来ないため脱毛完了までに要する時間も比較的長くなってしまいます。

 

G脱毛の痛みについて
美容クリニックや脱毛サロンで行われる基本的な脱毛法は、肌に与える負担を抑えつつ綺麗な仕上がりになるよう工夫がされています。
しかし、それぞれで使用されている脱毛機器の種類や光レーザーの出力レベルによって痛みを感じることがありますが、とても耐えられない痛みというわけではありません。
痛みは個人差があり、又施術部位によってもその痛みの度合は異なります。
脱毛においてどんな人や部位が傷みに敏感で、又どんな施術方法が痛みを感じにくいのか詳しくみていきましょう。

 

1.【痛みを感じやすい人とは】
それでも、全員がもれなく痛いと感じるわけではないものの、普段から肌が弱い人は、痛みを強く感じることもあります。
下記のような人は、痛みを強く感じやすい傾向にあります。

 

・敏感肌の人
・色黒の人

 

あまりに日焼けをしてしまった肌には施術が行えないこともありますが、もともと色黒な肌の人は光をより吸収しやすいため、色白の人よりは強い刺激を感じるようです。

 

 

2.【脱毛の痛みとはどんな痛み?】
脱毛の痛みは、肌の表面に感じる物理的な痛みです。
実際には、「パチッ」とした刺激という意見や「まち針でチクッ」という痛みが多く挙げれられています。

 

 

3.【3つの脱毛法による痛みの順位】
脱毛法として、光脱毛、レーザー脱毛、ニードル脱毛の3種類に分けられますが、この痛みが弱い順な比較すると次のような順番になります。

 

痛みの軽い順位: 順位光脱毛<レーザー脱毛<ニードル脱毛

 

エステサロンは、主に光脱毛を使用しており、効果が薄い分、痛みも少ない特徴があります。これに対して、主にレーザーを使用する医療用の脱毛は、効果が持続する分、痛みがあると覚えておきましょう。

 

痛みをとにかく抑えたい、自分は痛みに弱いという方は、光脱毛がオススメです。光脱毛は、効果が薄い分、最も痛みが少ない脱毛法です。光脱毛の中でもIPLやSSCの脱毛法は、とくに痛みの軽減にこだわった脱毛になりますので、覚えておきましょう。法痛みの少ない脱毛法を採用しているサロンを選定することも大切です。

 

又上記では紹介していませんが、「ハイパースキン脱毛法」を採用しているサロンもおススメです。ハイパースキン脱毛は、子どもでも可能な脱毛法で、毛根を焼くのではなく、発毛因子に特殊な光を照射し、発毛を抑えるというもの。ほとんど痛みはなく、体温程度の光を照射するだけで、毛周期もあまり気にせず施術が行えます。また、美肌効果も期待できる施術です。 そのほか、エステサロンの中には痛みを抑えるローションを塗布するなどの工夫を行っているところもあるので、そうしたサロンを探して、まずはお試し脱毛をしてみるのもおススメです。

 

4.【脱毛における痛みを感じやすい部位とは】
人によって感じる痛みの度合は人によって異なります。又毛質によっても、全身の中でも痛みを感じやすい部位と感じにくい部位が存在します。一般的にはどこが痛くてどこが痛くないのか、脱毛する前に知っておくことも重要です。

 

<痛みの感じやすい部位とは>
・顔
・ヒザ
・ワキ

 

ヒザ上やヒザ下に比べて関節なので皮膚が薄く、脂肪量も極端に少ないこともあって、痛みを敏感に感じてしまうようです。そしてヒザに生えている毛はアンダーヘアまではいかなくとも、太くて固い毛なのでで、やはり照射の刺激は直に伝わってきます。

 

<痛みを感じやすい部位の特徴>
・毛が太くて固く、密集している部位
・普段の保湿が不十分で、乾燥している部位

 

 

又毛が濃くて太い部位では、メラニンに反応する脱毛の光も強く吸収するため、一般的に刺激を感じやすいものです。

 

5.【痛みを感じにくい部位とは】
それでは逆に痛みを感じにくい部位は、どこなのでしょうか?それは、下記の様な部位が挙げられます。

 

<痛みの感じにくい部位とは>
・指毛
・手足の甲

 

手足の指毛や手足の甲の産毛に近い毛。ここは神経も集まっているところなので、一見とても痛そうに見えて、実は全く痛みを感じないという声の方が多い部位です。ここの毛は顔に生えている産毛に近い、軟毛と呼ばれる部類に入ります。軟毛は細くて柔らかいため、照射の光が集まりづらいとされていて、ピリッとした強い刺激を感じることはあまりなく、熱さもほんのり温かい程度にしか感じない場合が多いとされています。。脱毛時は、ジェルで部位を覆い照射しますが、脱毛範囲もごく狭く一瞬で終わってしまいます。しかし、その分、脱毛効果が出にくい部位でもあります。

 

<痛みを感じにくい部位の特徴 >
・毛が細くて柔らかい
・毛の低密集度
・肌色が薄い

 

痛みを感じにくい部位の特徴には、このような3つの特徴があることを覚えておきましょう!

 

6.【痛みを軽減するためのポイントとは】
・麻酔の使用
・日頃の肌の保湿が傷みの緩和

 

レーザー脱毛においては笑気麻酔や麻酔クリームの使用が可能。どうしても痛みに耐えられないという場合には、事前に麻酔を使用してから施術を行ってくれます。普段から肌を十分に保湿しておくことが大切になります。乾燥すればするほど照射の痛みは増すものなので、脱毛に通う前の下準備として、しっかりと肌の保湿ケアを行っておきましょう! 水分をたくさんとり、肌の保水力を上げておと痛みが軽減されます。

 

H脱毛サロンの予約は取れるの?
脱毛は、一度施術を行うと、1回で終わることありません。何度も通院し、肌を手に入れるをすることできれいになります。何度も通うのは、大変ですし、又いざ予約しようとしても中々予約が取れないことも。そんな脱毛サロンの予約の問題についての悩みを解決していきましょう。脱毛サロンにおけるうまく予約をするポイントを3つまとめました。

 

<脱毛サロンを予約するための3つのポイントとは>
・キャンセル待ちの有効活用
・web予約システムを取り入れているサロンの選定
・店舗移動が可能なサロンを探す

 

 

脱毛は、数ヵ月の間隔をあけて通うのが一般的です。そのため、施術を受けた後予約を取るときには数ヵ月あとの日付で予約を取ります。予約を取るときは、予定がなくても日付が近くなってくると、どうしてもキャンセルをしなくてはならない用事ができることもあります。予約がなかなか取れないときは、そんなキャンセルした人の枠を有効活用しましょう!Web予約システムを導入しているサロンでは、こうしたキャンセルする顧客が多く存在します。まめにチェックをし、キャンセルして空いている枠を狙いましょう。

 

店舗数が多いサロンでは、同じサロン店舗間での移行施術が可能なサロンが存在します。まずは、自分が通っているサロンが、店舗間での施術かどうかを確認してみましょう。又移動するのに手数料がかかるといったサロンもありますのでしっかり確認しましょう。時間を優先する方には、非常にオススメです。

 

I人気脱毛サロンのご紹介!
脱毛エステサロンの中でも人気度が高く、オススメの企業をいくつかご紹介しておきましょう。

 

<人気のサロンのご紹介>
・ミュゼ
・キレイモ
・銀座カラー

 

1.【ミュゼ】
ミュゼの脱毛といえばかなり認知度も高いサロンで、予約機能もとても充実しています。店舗や代表へ電話で予約するのはもちろんですが、このサロンは事前にキャンセル待ちをかけることもできます。アプリでも予約ができますので、自分が行きたい日時をあらかじめ登録しておくと、空き時間ができた時に通知してお知らせしてくれるというなんとも嬉しい機能もついていますので、直前で予約が取れる可能性がとても高いです。

 

2.【キレイモ】
キレイモで行える脱毛は、全て全身脱毛コースのみで、その分予約がかなり取りやすいと言われています。ミュゼのように顧客が色々な通い方をしていないぶん、一回の施術時間はほぼ決まっているので、サロン側でも予約システムが安定した流れを生み出しているようです。月額制コースだと途中でキャンセルすることも可能なので、顧客の回転率が良いのも魅力です。1回の施術当たりのベッド数も多いので、全身脱毛をスムーズに通いたいという人にはオススメです。

 

3.【銀座カラー】
銀座カラーでは、一部の店舗よりも遅くまで営業しており、22:30と他のサロンと比較しても遅い時間帯まで対応している店舗があるのが魅力です。特に仕事帰りなどに行きたい方や働く人にはもってこいの脱毛サロンです。全身脱毛に関しては、他店と比較すると、料金が安価なので人気が高いサロンです。お店の評判が良いのですが、人気さゆえに、予約が取りにくいこともありもあります。来店時に次の予約をするのであれば問題なく取れるけれど直前などになると空きがないこともあるので、施術時に次の予約を取る方が良い脱毛サロンです。

 

 

初期費用なしですぐに始められる!

 

脱毛完了までの『永久メンテナンス保証』がついて、今なら全身脱毛が【9か月間 0円!】

 

公式サイトを見る方はこのURLをクリック↓

 

http://tag.asp-final.com/affiliate_set.php?af_site_no=11208&creative_no=6244

 

シースリー梅田トップページへ

 

関連ページ

気になる「脱毛の痛み!」
【生涯メンテナンス保証】シースリーの『生涯脱毛保証』が超安値で安心です!全身永久保証プランは「毎月 7,500円」の分割払いで脱毛エステ会員の゛永久権利゛が手に入るのです。しかも、最大2か月0円、分割手数料もシースリーが負担してくれるのです。
医療脱毛とは
【生涯メンテナンス保証】シースリーの『生涯脱毛保証』が超安値で安心です!全身永久保証プランは「毎月 7,500円」の分割払いで脱毛エステ会員の゛永久権利゛が手に入るのです。しかも、最大2か月0円、分割手数料もシースリーが負担してくれるのです。
脱毛サロンと医療脱毛の違い
【生涯メンテナンス保証】シースリーの『生涯脱毛保証』が超安値で安心です!全身永久保証プランは「毎月 7,500円」の分割払いで脱毛エステ会員の゛永久権利゛が手に入るのです。しかも、最大2か月0円、分割手数料もシースリーが負担してくれるのです。
脱毛器の色々
【生涯メンテナンス保証】シースリーの『生涯脱毛保証』が超安値で安心です!全身永久保証プランは「毎月 7,500円」の分割払いで脱毛エステ会員の゛永久権利゛が手に入るのです。しかも、最大2か月0円、分割手数料もシースリーが負担してくれるのです。
カミソリでのムダ毛処理は?
【生涯メンテナンス保証】シースリーの『生涯脱毛保証』が超安値で安心です!全身永久保証プランは「毎月 7,500円」の分割払いで脱毛エステ会員の゛永久権利゛が手に入るのです。しかも、最大2か月0円、分割手数料もシースリーが負担してくれるのです。
家庭用脱毛機について
【生涯メンテナンス保証】シースリーの『生涯脱毛保証』が超安値で安心です!全身永久保証プランは「毎月 7,500円」の分割払いで脱毛エステ会員の゛永久権利゛が手に入るのです。しかも、最大2か月0円、分割手数料もシースリーが負担してくれるのです。
レーザー脱毛とは
【生涯メンテナンス保証】シースリーの『生涯脱毛保証』が超安値で安心です!全身永久保証プランは「毎月 7,500円」の分割払いで脱毛エステ会員の゛永久権利゛が手に入るのです。しかも、最大2か月0円、分割手数料もシースリーが負担してくれるのです。
毛抜きでムダ毛処理は?
【生涯メンテナンス保証】シースリーの『生涯脱毛保証』が超安値で安心です!全身永久保証プランは「毎月 7,500円」の分割払いで脱毛エステ会員の゛永久権利゛が手に入るのです。しかも、最大2か月0円、分割手数料もシースリーが負担してくれるのです。
色素沈着について
【生涯メンテナンス保証】シースリーの『生涯脱毛保証』が超安値で安心です!全身永久保証プランは「毎月 7,500円」の分割払いで脱毛エステ会員の゛永久権利゛が手に入るのです。しかも、最大2か月0円、分割手数料もシースリーが負担してくれるのです。
永久脱毛は「本当に永久?」
【生涯メンテナンス保証】シースリーの『生涯脱毛保証』が超安値で安心です!全身永久保証プランは「毎月 7,500円」の分割払いで脱毛エステ会員の゛永久権利゛が手に入るのです。しかも、最大2か月0円、分割手数料もシースリーが負担してくれるのです。